引っ越し料金が安くなりやすい時期と時間帯

この記事は約8分で読めます。

どうせ引っ越しするなら、誰だってなるべく引っ越し費用は安く済ませたいですよね。

この記事では、なるべく引っ越し費用が安く済みやすい時期と時間帯、時間帯を選ぶ際に注意する点について解説しています。

ちなみに、マンション売却をお考えの方は、45秒簡単査定の”マンションナビ一括査定“がおすすめです。360万人が利用しているそうですよ。

引っ越し料金が安くなり易い時期とは

引っ越し料金は一律ではない

トラックの多い幹線道路

まず、引っ越し料金に、定価はありません

もしある程度引っ越し時期に融通が利くのなら、なるべく引っ越し件数が少ない、引っ越し業者さんが暇な時期を狙いましょう。

人員やトラックを余らせておいても損ですので、引っ越し業者の営業マンさんも、多少料金が安くなっても契約を取りたいと思うもの。

つまり、「引っ越し業者さんが暇な時期=大きな値引きを引き出し易い時期」なのです。

それでは、引っ越し業者さんが暇な時期を導き出す為に、逆に引っ越しの申し込み件数が多い時期を考えていきましょう。

引っ越しの申し込み件数が多い時期を避けよう

春の引っ越しは避ける

春の桜

まず、月単位で避けるべき時期は、3月~4月です。

入学、卒業に加えて異動などの多い年度末&年度始めの繁忙期は、どうしてもどの引っ越し業者さんも絶対に高くなります。

可能であればできる限り避けましょう。

月末や月初は避ける

各月内でも、月末や月初はなるべく避けましょう。

異動のタイミングや賃貸料金の締め日などでの関係で、やはり切りの良い月末や月初は引っ越しの申し込み件数が多くなりがちです。

賃貸料金などを日割りにできる場合もありますので、大家さんに確認してみてください。

日祝日や週末、月曜日は避ける

引っ越しは、引っ越して終わりではありません

引っ越し前の準備も大変ですし、引っ越し後の荷ほどきもやはり大変です。

なので、どうしても休日や週末は引っ越しの申し込み件数が増えてしまいます。

また、日曜日に引っ越しの準備ができますので、月曜日もやや申し込み件数が多めです。

大安吉日は避ける

やはり、何をするにも縁起を担ぎたいのは人情というもの。

一応、大安の日は引っ越し件数が多く、逆に仏滅の日は少ない傾向があります。

しかし、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)に全くこだわらない人も結構おられますし、六曜ではそこまで金額的に変わらない場合が多いと思いますので、それほど気にしなくても大丈夫です。

大安とそれ以外の候補があって、どちらでも選べるのならば、大安を避けようかなぐらいの感覚で良いと思います。

仏滅を選ぶかどうかは、引っ越す方の感覚次第でしょう。

理想的な引っ越し時期:春以外の、月半ばの、火曜~木曜の大安以外の平日が狙い目

以上をまとめると、理想的な引っ越し時期は「春以外の、月半ばの、火曜~木曜の大安以外の平日」が狙い目となります。

色々な変えられない都合もあると思いますので、なかなか理想的な引っ越し時期に合わせる事は難しいと思いますが、これらを意識して、少しでもお安く引っ越しをなさってください。

引っ越しの時間帯はいつにするべきか?

朝日

引っ越し料金は、引っ越し開始の時間帯によっても変わって来ます。

高い時間帯も安い時間帯もあるのですが、安易に安い時間帯の引っ越しを選んでしまうと、予定通りに引っ越しが終わらない可能性もありますので、ご注意ください。

料金が高いのは午前中

人気のある、料金の高い時間帯は、午前中です。

やはり引っ越しは、その日のうちに終わらせたいと思うもの。

午前中の積み出し(午前便)であれば、多少距離が遠くてもその日のうちに転居先に荷物を届けられますので、「人気の時間帯=高額」になるのです。

2日以上かかる引っ越しの場合

午前中から積み込みを始めても、当日中に運び終われない距離の場合は、2日以上かかる引っ越しになります。

初日にトラックへの荷物の積み込みだけを終わらせ、夜間や移送中は荷物をトラック内に保管。転居先への搬入は翌日以降というパターンに。

大体、東京都からなら愛知県ぐらいまでの距離以上になると、2日以上かかると思います。

2日以上かかる距離の場合、夜間の移動で距離を稼げますので、積み込みは午前でも午後でも変わらない場合も多いと思います。

その場合は、あえて午前中を指定する必要はないでしょう。

ただ、ご自分の移動時間などの計算も忘れないでくださいね。

後述しますが、引っ越しは時間通りに進まない事も多いので、飛行機で移動するのは避けた方が良いかもしれません。

引っ越しに何日かかるかは、各業者さんによって変わると思います。必ず最初にご確認ください。

午後便やフリー便の方が安い

午前便よりも全般的に安いのが午後便、さらに安いのがフリー便です。

フリー便というのはその名の通り、その日の引っ越し業者さんの手の空いた時間に引っ越しが行われるというものです。

まとめると、引っ越し料金は、

「(高い) 午前便>午後便>フリー便 (安い)」

となっています。

さて、値段的には安い午後便やフリー便ですが、リスクもありますので、ご注意ください。

午後便のリスク

引っ越しは予定通りの時間に始まらない事もある

引っ越し業者さんは、基本的に一日に何件かの引っ越し業務をこなされます。

そして経験上、自分より早い時間の引っ越しが想定よりも延びてしまい、「自分の引っ越しが予定通りの時間に始まらない事も結構ある」のです。

訪問見積もり時にある程度荷物量の予測はついたとしても、家主さんの梱包が不完全だったり予想よりも荷物量が多かったり、道路が渋滞していたりと、どうしても引っ越し当日にならないと分からないイレギュラーな事もあるでしょう。

あれだけの量の荷物を短時間で梱包して運ぶ訳ですから、何か予期せぬトラブルが起こってもおかしくはないですしね。

なので、引っ越しの順番が遅くなればなるほど、予定時間よりも遅れる可能性が高くなってしまうのです。

フリー便のリスク

前日までには大体の時間が分かるケースが多いとは思いますが、フリー便は開始時間の指定ができません

うまく早い時間になればラッキーですが、午前中は人気ですので、なかなかそうはならないもの。

午後便が終わった夕方頃からの引っ越しとなると、丸一日を潰してしまう事にもなりかねません。

しかも、午後便のリスク同様、前の引っ越しが長引いてしまうと、さらに引っ越し開始時刻が遅くなってしまうケースも、十分に考えられます。

高額だが午前中を指定するのもあり

比較的時間に余裕のある方や、転居先までが近距離の場合、引っ越しの閑散期で時間の後振れリスクが少なそうな場合などは、リスクを取って安いフリー便を選択しても良いかもしれません。

逆に、なかなか休みが取れずに時間に余裕の無い方や、転居先が遠方の場合、引っ越しの繁忙期で後振れリスクが高い場合などは、やや高くはなりますが午前便を選んだ方が無難かもしれません。

どの時期に引っ越すべきかとは違い、どの時間帯に引っ越すべきかについては、各家庭の事情と密接に関係してきますので、正解は無いと思います。

星空
筆者のフリー便失敗談

だいぶ前の話になりますが、隣接県の賃貸マンションへの引っ越しを依頼した時の失敗談です。

3月で繁忙期だった事もあり、引っ越し代金が予想以上に高額に

「少しでも引っ越し費用を安くしたい」と思って、フリー便を選択してしまいました

前日に来た連絡では、「昼過ぎぐらいから行けそうです」との事で安心していたのですが、待てど暮らせど誰も来ませんし、連絡もありません。

自分でできる梱包作業は全て終了していますので、特にする事も無く、かと言っていつ引っ越しが始まるか分かりませんので、家を空ける事もできない状態に。

15時ぐらいにこちらから連絡してみると、別の担当者の所で何かトラブルが有ったらしく、急遽そちらの午後便を手伝っていて、まだ行けそうにないとの事。

フリー便の筆者は完全に後回しにされ、やっと引っ越しが始まったのは、17時半頃だったと思います。

そこから約二時間で積み込みが終わり、転居先までの移動時間が一時間半ぐらい。

21時頃に転居先の大家さん(マンションの隣にお住まいでした)にご挨拶に伺うと、「引っ越しは17時までに搬入開始してもらわないと困ります。この時間は、トラックは玄関前は邪魔なので道路に停めてください。お静かにお願いしますね」と、すごく不快そうに言われてしまったのを覚えています。

最終的に荷物の搬入が終わったのは、23時前頃だったでしょうか。

五時間ほどのタイムロスに、予定も体力も奪われ、あの時は本当に疲れました…

ただ、フリー便でも午前中から引っ越しが開始されたラッキーな事もありましたので、この辺りは運次第だと思います。

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

筆者は何度も引っ越しを経験していますが、実際に「春以外の、月半ばの、火曜~木曜の大安以外の平日」を引っ越し日に指定する事で、 かなり引っ越し費用を安く済ませられる事が多いです。

最初の頃は分からずに、あまり時期を気にせずに引っ越していましたが、何度か引っ越し料金の値段交渉をしているうちに、「引っ越す日によって料金が結構違う」事に気付いた次第です。

引っ越しの時間帯をいつにすべきかについては、ご自分の時間的余裕や転居先までの距離、繁忙期かどうかなどによって変わってきます。

筆者は、繁忙期以外で転居先までが遠くない場合、そこそこ安くて時間的にも予測が立ちやすい午後便を選ぶ事が多いです。

どうしても引っ越し時期を選べない場合は仕方がありませんが、もしある程度融通が利くのなら、なるべくお得な時期を選び、自分に合った時間帯をお選びくださいね。

《おすすめ情報へのリンクです》

ちなみに、引越し先の市区郡が分かった時点で、とりあえず個人情報不要の簡単な引越し見積もりで費用を把握しておくのがおすすめです。

その辺りについては、”SUUMO引越し一括見積もりが電話番号も詳細住所も不要でおすすめ!|注意点解説“の記事で詳しく解説していますので、良かったらお読みくださいませ。

不動産
《不動産書籍のご案内です》
実体験から学んだ優良不動産物件の選び方&格安引越し法